世界を駆け巡る!?はちみつ専門家 さっちんのブログ

徳島旅行にいってきたよ!その① ホテル編

さっちん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
さっちん
外資系製薬会社勤務。5歳と1歳の男の子のママ。 千葉県在住。もともとは、医薬情報担当者(MR)をしていました。 1歳の次男の食物アレルギー(卵)、アトピー、喘息をきっかけに、健康についてより深く考えるようになりました。それがきっかけで、病気の予防法について様々考えるようになり、今はとくにはちみつの効果に注目中。自身で見つけたハチミツを海外に見に行くなど、おっとり系と思われていますが、アクティブな一面もあるとよく言われます。 ワーキングマザーとしては、関西弁ペラペラのアメリカ人上司の下働いています。仕事の傍ら、2019年からはライターとしても活動予定!

子どもの麻疹騒動などあり、中々ブログをアップできませんでした…

結局麻疹ではなくて一件落着。

落ち着いたところで、徳島旅行、レポします!!

 

徳島といえば!?

勝手に徳島といえばランキングー!!

 

1阿波踊り(踊り)

2あわおどり(鶏肉)

3渦潮(鳴門)

4鳴門金時(芋)

5かぼす(すっぱい!)

6わかめ(意外と有名)

7大塚美術館(かの有名な大塚製薬の美術館。)

 

なんかが有名でしょうか。

この中で、私たちが関わったのは

鳴門金時の芋ほり、わかめを食べた、そんくらい。

 

阿波踊りは、夏でした!

10月の徳島は、風が結構冷たくて結構寒かった。。。でも、たのしかったよ!それはー。。。

 

ホテルが最高。ルネッサンスリゾートナルト。

徳島には、初めて旅行にいったけど、宿泊したホテルがとってもよかったのでおススメさせてもらいます!

 

泊ったのはこちら!ジャジャン!

ルネッサンスリゾートナルトさん。

 

何が良いか。

スタッフ…荷物を部屋まで運んでもらったスタッフの女性、エレベーターの中で子供の名前を聞いただけ。私なら、絶対忘れてしまいますけど、何と、違う場所でまた会った時に子供の名前ちゃんと覚えててくれたんです。

親なんて、こんなことでホテルの評価、あがりまくりですよね。うれしかったなぁ。

 

場所…まぁ空港からはちょっと離れてますが、インターを降りてすぐ。

徳島といえば。。。鳴門!鳴門が見れる公園すぐそこ、大塚美術館ありーの。徳島観光の中心ともいえる場所に建っています。さすが、「リゾート」とつくだけのことはある。

 

ごはん…おいしいぃ。おススメは、「阿波郷土料理 彩」海の幸も山の幸もたっぷりのビュッフェ。混みます。お寿司、おいしかったなぁ。途中でマグロの解体ショーなんかもやっていて、アミューズメントな感じもあり。子供向けメニューや、讃岐うどん(あれ、これは香川名物!?)があったり、至れり尽くせり。もっとグレードの高いレストランもあるのですが、子供連れであれば、こちらでのディナーがおススメです。

 

部屋…まさに、子連れにうってつけの部屋を用意していただきましたよ。こういうタイプのお部屋は初めて。撮ってきた写真をとりあえずはりつけちゃいます。

子供はもちろん大喜び!私もかわいいお部屋に大満足!

 

ルネッサンスリゾートナルトでできるアクティビティ

 

通常なら費用が掛かりますが、宿泊プランによっては無料、割引で様々なアクティビティが楽しめますよ。

 

ちなみに、私は楽天トラベルでこんなプランを申し込みました。

 

⇒お芋ほりが2人分無料⇒パパと長男でたっくさんの鳴門金時を掘りました!

⇒釣り堀が2人分無料⇒お魚は釣れませんでした…ほかのお客さんは釣っていました。釣ったお魚はもちろんレストランで調理(有料)してもらえます。

⇒屋台⇒こちらは有料。ゲーム1回は大体300円位。パパが射的でちょっとした商品GET。これが長男のツボで、また宿泊が楽しくなりました~

その他、こんなことができるみたいですよ。

 

クーポンもたくさんいただきました。

天気が悪かったこともあり、鳴門を船に乗って身に行けなかったことが悔やまれます。

 

売店も、子連れにやさしい。

「海外じゃないし、子供のおむつはあっちで買えばいいよねぇ、ドラッグストアでさ!」と主人と話していたのに、すっかりおむつを買うのを忘れてホテルに到着。「ま、まずい後3枚しかないよ」となったところで、とりあえず売店に行くと、マミーポコのパンツが5枚ずつ売っていましたよ。ほっ。おしりふきも。でも、ミルクは無かった。ミルクはもっていってよかった!

 

中々大きいお店がホテルの近くにないので、必需品はやっぱり持っていくか、空港周辺などで購入しておくことをお勧めします。お菓子なんかもやはりリゾート価格ですので…主婦にとっては、そこはちょっと誤算でした。

 

まとめ

徳島旅行、ホテルについては大正解だったと思います。近隣には、旅館のようなところもあったけど、子連れなら、色々なことができるこのホテルが良いんじゃないかと思います。お部屋も、オフシーズンなら、今日ご紹介したかわいい部屋に泊まれる確率もきっと上がるかも!

 

ただ、色々なアクティビティが楽しめるのはやはり夏。阿波踊りも見てみたいし、今度は夏に徳島に行こう。

そして、写真をたっくさん貼り付けてから反省。こういうのを、インスタでやるんだなぁ・・・

この記事を書いている人 - WRITER -
さっちん
外資系製薬会社勤務。5歳と1歳の男の子のママ。 千葉県在住。もともとは、医薬情報担当者(MR)をしていました。 1歳の次男の食物アレルギー(卵)、アトピー、喘息をきっかけに、健康についてより深く考えるようになりました。それがきっかけで、病気の予防法について様々考えるようになり、今はとくにはちみつの効果に注目中。自身で見つけたハチミツを海外に見に行くなど、おっとり系と思われていますが、アクティブな一面もあるとよく言われます。 ワーキングマザーとしては、関西弁ペラペラのアメリカ人上司の下働いています。仕事の傍ら、2019年からはライターとしても活動予定!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© いとわくわく! , 2018 All Rights Reserved.