世界を駆け巡る!?はちみつ専門家 さっちんのブログ

アレルギー検査してきました~乳アレルギーだとおもったら、なんと卵アレルギーだった!~

さっちん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
さっちん
外資系製薬会社勤務。5歳と1歳の男の子のママ。 千葉県在住。もともとは、医薬情報担当者(MR)をしていました。 1歳の次男の食物アレルギー(卵)、アトピー、喘息をきっかけに、健康についてより深く考えるようになりました。それがきっかけで、病気の予防法について様々考えるようになり、今はとくにはちみつの効果に注目中。自身で見つけたハチミツを海外に見に行くなど、おっとり系と思われていますが、アクティブな一面もあるとよく言われます。 ワーキングマザーとしては、関西弁ペラペラのアメリカ人上司の下働いています。仕事の傍ら、2019年からはライターとしても活動予定!

アレルギー疾患により医療機関を受診する患者数は、増加傾向である。

のだそうです。(厚生労働省 www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai…/0000111693.pdf)

 

ふーん、と他人事(ひとごと)と思っていました。
自分は、花粉症や猫アレルギーだけど、食べ物は大丈夫。長男の尚太郎も、食物アレルギー無し。

しかし、その時は突然やってきた!次男、正二郎。
食物アレルギーかもしれない。大丈夫か。。。

 

粉ミルクで、食物アレルギーの症状が出る?

えっ??
ミルクでアレルギー??

 

と思う方もいると思いますが、ミルクでもアレルギーになる可能性はあります。
突然、保育園から電話がかかってきてびっくりしたのが7月ころ。

 

「この子は、肌が弱いから、もしかしたら哺乳瓶の乳首に何か洗剤が付いていたとか、
そういうことで口の周りがあかくなったんじゃ??」

 

って、保育園のせいにしようとしました!

 

がっ、、、

 

次の日も「やはり、ミルクを飲むと口の周りが赤くなるんです。しばらくすると治まるのですが」と、写真を見せてもらい、やっと納得しました。

 

うちの子、ミルクの食物アレルギーだ!

 

食物アレルギーかなと思ったら、親のとるべき行動は?

心配になったら、病院に行きましょう。
巷には、このブログもその一つになってしまいますが、さまざまな情報があふれています。

つくば市のあおきこどもクリニックさんのホームページに、食物アレルギーについてのページがあります。
一部抜粋させていただくと、

私は食物アレルギーを疑う時は「時間的に一致するか」「発疹を伴うか」「再現性があるか」「特定の食材に限ってでるのか」を基準に考えます。

とのこと。

 

 

正二郎の場合は「発疹」「再現性」「特定の食材」が該当たので、病院に連れていくことにしました。

 

Dr:どうしました?私:ミルクを飲むと、口の周りが赤くなるんです。
Dr: え、ミルクで??新生児の頃からですか?

私:いや、生まれたときは何も。肌は弱かったですが。
Dr:ミルクはずっと同じものを(飲んでいますか)?
私:保育園に入ってからは、園指定のものに変えました

 

Dr:変えてからすぐにこの症状が出ましたか???
私:いや、、、もう2-3か月は飲んでいるのですが。口の周りが赤くなるといわれたのはここ最近です

 

Dr:うーん、なんだか変な感じがするけど、、、とりあえず血液検査でアレルギーがないか見てみましょう。
それにしても、肌がずいぶん荒れているねぇ。肌からもアレルゲンが入るから、きちんとケアしてくださいね。
保湿剤とステロイドのお薬出すので、必ずきちんとケアしてくださいね。!!(ちょっとキツメに)
では、お子さんの採血します!

 

正二郎:ぎゃーーーーーーーーぎゃーーーーー(約5分間)

 

 

一週間後

 

 

Dr:結果が出ましたよ。
私:どうでした??
Dr:乳に対しては、少し数値出ていますが、それほどじゃないですね。それよりも、卵がすごいことになっていますよ。卵は食べています?

 

私:(当時次男が9か月だったので)これから試そうと思っていました
Dr:うーん、最初の卵は病院で食べたほうが安心ですね

私:えっ、病院で、ですか???

 

Dr:はい、1才過ぎたら病院で食べてみましょう。それまでは、卵は食べないでくださいね。それ以外は通常通り離乳食を進めてください。

 

 

卵の経口負荷試験 日帰り入院

1才を過ぎて、もう一度血液検査をしました。

 

数値は少しマシになっていたのですが、やはり「卵はまずは病院で」と再びDrから言われてしまったため、予約を取り、経口負荷試験のために日帰り入院をすることになりました。

 

当日。

 

少し、風邪気味でゼーゼーしていた次男君。(このゼーゼーが、また今後悲劇につながるのですが、それはまたおいおい。。。)入院前の診察をしてもらい、無事に入院して検査できることに。
看護師さんから説明を受け、ゆで卵(卵白&卵黄MIX)を
0.1g→0.3g→1g→3g→6g と20分間隔で徐々に増やしていって、どこまで食べられるかを確認することになりました。

*正二郎君の場合は、初めて卵を食べるケースなので、すでに卵を食べたことがある子、治療中の子とは方法が異なるかもしれません。

 

0.1g~6gの卵再現写真

 

1stチャレンジ! 0.1g
ペロっと食べて、20分後も問題なし!

2ndチャレンジ! 0.3g
味のない卵はおいしくはないらしく、ケチャップを少しつけて、何とか食べる。20分後も問題なし!

3rdチャレンジ! 1g
ケチャップも嫌とベーっと卵を出す…仕方ないので、味海苔で隠して食べさせる。20分後も問題なし!

4thチャレンジ! 3g
今度は、ごはんも出してもらった…海苔と卵を少量のごはんと混ぜて感触!おいしい!もっと!20分後も問題なし!

Dr:あれれ,,,血液検査の数値を見る限り、何か起こっているはずなんですが、、、恥ずかしながら予想が外れたかも…

私:だといいのですが!(心の声:なーんだ、卵、大丈夫じゃん!)

5thチャレンジ! 6g
また、海苔とごはんに混ぜて感触。20分後は問題なし。20分後も問題なし

私:(心の声)あーーー、よかった!保育園の除去食も解除じゃん!!

 

 

食後40分後…

 

 

正二郎:うぎゃーーーうぎゃーー ヒューヒュー(喉から)

先生:あれ、眠いですかね。寝ぐずりしますか?
私:はい、眠りに入るとき、かなり泣きますね。
先生:じゃあ、抱っこ紐など使ってもよいので、そうしてあげてくださいね。
私:ありがとうございます、わかりました!

エルゴに揺られしばらくすると、少しずつ落ち着いてきた正二郎。ただ、眠かったのかなぁ。

 

しばらく寝かせながら、私も昼ごはん。
なんだか、おむつが濡れているようだったので、交換をしようとエルゴから正二郎を出すと、
足に蕁麻疹が。エルゴが当たっていた太ももあたりと、足首。
あれっ?とおもって、先生を呼びました。

Dr:でてきましたねぇ・・・

 

 

そして、呼吸もより苦しそうに・・・そして、またギャン泣き!

 

そんな間に、体内の酸素濃度を図る機械がとりつけられ、お薬の吸入がされ、ギャーギャーと泣き叫ぶ正二郎。
汗で、まるで頭はお風呂上がりのようにびっしょり。
看護師さんも正二郎をあおいでくれたり、大人4人で取り囲んで物々しい感じになりました。

 

 

しばらくたっても状況は変わらず、先生から「注射をします」とお薬の説明を受け承諾。
すると5分くらいで症状が収まりす~~~っと正二郎は眠りにつきました。

 

 

あとで詳しく伺うと、この注射は、アレルギーのある方にはおなじみの「エピペン」と同じ成分だったそう。
あぁ、やっぱり正二郎、アトピーと付き合って行く必要があるのだなぁと、この時、私の中で覚悟というか、スイッチが入った瞬間だったのでした。

 

ということで、長々とアレルギーが発覚したところからをつらつらと書いてしまいましたが、正二郎の場合は、まずは血液検査をして、その後、直接アレルゲンとなる食べ物を食べて、まずはどこまで食べると症状が起こるのかということを確かめました。

 

どちらも、親にとっては泣き叫ぶわが子を見守るしかできない、辛い時間かもしれませんが、今後の子供の安全のためには必要な検査でした。今回、正二郎の様子を見て、アレルギーが疑われる場合は、決して自己判断せず、すぐに受診することが大切だと思いました。

 

また、正二郎が今度は本格入院することになるのですが…それはまた今度!!

この記事を書いている人 - WRITER -
さっちん
外資系製薬会社勤務。5歳と1歳の男の子のママ。 千葉県在住。もともとは、医薬情報担当者(MR)をしていました。 1歳の次男の食物アレルギー(卵)、アトピー、喘息をきっかけに、健康についてより深く考えるようになりました。それがきっかけで、病気の予防法について様々考えるようになり、今はとくにはちみつの効果に注目中。自身で見つけたハチミツを海外に見に行くなど、おっとり系と思われていますが、アクティブな一面もあるとよく言われます。 ワーキングマザーとしては、関西弁ペラペラのアメリカ人上司の下働いています。仕事の傍ら、2019年からはライターとしても活動予定!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© いとわくわく! , 2018 All Rights Reserved.